ボランティアセミナー『介護保険制度について』報告

今回、京都府介護保険推進室副室長の田村智氏を講師に招き学ぶ機会を持った。 「よくわかる 介護保険」というハンドブックをもとに、詳しく介護保険のしくみや、利用方法、利用料金などについて説明していただきました。

9月28日(金) 於:三条YMCA 202号室
報告者: 佐藤美穂

 

 

 

 



平成12年4月にスタートした介護保険制度。40歳になると介護保険料は強制的に徴収されます。でもどの様な状態になったときに利用でき、また利用した場合の費用はどの位かかるのか、どこに申請するのか等々、結構知らないことがたくさんあります。介護保険制度は平成18年4月に改正され、予防重視型で寝たきりにならないための支援や住み慣れた地域での生活を継続するための支援として地域密着型サービスが創設されています。また、介護サービス情報の公表制度があり、介護サービスの事業所選びを支援してくれることなどを知ることができました。田村氏は、地域により受けられるサービスにも格差があるということで、まだまだ課題はあるが、介護保険というのは、社会全体で支えあう制度であり、これからますます高齢者がふえていくなか、適切なサービスが提供できる持続可能なものとするよう引き続き努力をしていきたいと言われています。
介護保険制度は国民みなで支え合うものということで、もっと関心を持っていきたいと思いました。

 

 

 


概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
© 2009 kyotoymca all regithts reserved.